アクセス解析を大活用

商機を増やす

自社製品の紹介と通販を兼ねてホームページを所有しているという企業の中には、アクセスカウンターを使用してはいるものの、「アクセス解析」は設置していないというところも多いのではないでしょうか。
カウンターを設置して、訪問者数が増えていることを確認するだけでは意味を成しません。
その訪問者たちがどういった人なのか、どこの国の人なのか、なにを求めているのかが分からなければ、それは商機にはつながり得ないからです。
ですから、アクセスカウンターを設置するよりは、アクセス解析を設置することがお勧めです。
解析を設置することによって、商機が増えるだけでなく、広告を的確に打てるようになるのだとしたら、設置する価値はあると考える事業主の方は多いのではないでしょうか。

たとえば、海外からのアクセスが多い場合には、訪問者数の多い国の母国語での表示を考えるなどの対応を取ることでアクセスが増えるだけでなく、売り上げや問い合わせの数も変わってくることでしょう。
どの製品がよく見られているかが分かれば、その製品のさらに詳しい情報を置くことでより関心を持ってもらえるようになるかもしれません。
「アクセス解析を置くだけではなにも変わらない」という人もいますが、それは、そうして得た情報を生かそうという努力をしていないだけであって、情報を精査して活かしている企業はたくさんあるのです。

もちろん、そのためにはさまざまなアクセス解析の中から、自社に必要なものをしっかり選んで設置したり、必要な情報を抜き出し読み取ることが重要です。
ですから、初めて設置するのであれば、「エーステクノロジー」のような多種多様なアクセス解析を取りそろえ、丁寧に説明を行っているところを参考に選ぶことをお勧めします。
どの情報がどういった意味を持つのかが分かれば、設置するべき解析がどれなのかということも分かってくるはずです。
情報を商機に活かすことは、企業であれは当然するべきことなのではないでしょうか。

エーステクノロジー